大豆・豆乳について

Q
ゆず、黒ごまの絹豆腐の豆の産地はどこですか?また、品種は?

A
大分産むらゆたかまたは宮城産ミヤギシロメを使います。

Q
一丁庵のお豆腐は有機大豆ですか?

A
有機大豆ではなく、国産の良質な大豆を使っています。

一丁庵の豆腐は全部安心ですが、安心の基準=有機大豆という方もいらっしゃると思います。有機大豆とは、最低3年以上土壌を有機質にし、農薬・化学肥料を一切使わず、所定の認定機関が認定していないと表示できません。海外では、有機大豆として市場に出回っていますが、国産大豆を有機栽培することは、海外の大豆よりも非常に難しいのです。それは、日本の気候に起因しています。日本独特の梅雨や蒸し暑い夏、これらを越えて出来る国産大豆は色々な害虫や病気にかかりやすいのです。つまり、国産大豆を無農薬で栽培すること自体大変に難しいのです。 現在、一丁庵で使っている大豆は、JA・農家と美味しい豆腐を造るための大豆としてお互い研究し、出来る限り農薬は抑えて栽培しております。

水について

苦汁(にがり)について

Q
苦汁の賞味期限は?ふたを開けたらどれくらい日持ちするのですか?

A
冷暗所においていただければ1年は持ちます。冷蔵庫に入れておけば更に良いかと思います。

Q
苦汁にはどのような用途がありますか?

A
1. お豆腐をつくる

苦汁の濃度によっても違い、一概には言えませんが、一丁庵で販売しているオホーツクの天然にがりは1リットルの豆乳で7〜10ccを溶かして使います。

A
2. 炊飯器に入れる

炊飯器に数滴入れて炊くと、ごはんがふっくらとおいしく炊きあがります。

A
3. コーヒーや味噌汁に

料理の隠し味として数滴入れると味に深みが増します。コーヒーや味噌汁に加えるとまろやかな味わいになります。苦汁を凝固剤として作ったお豆腐が大豆の旨味・甘みを引き出すのと同様に素材の旨味を引き出します。

A
4. ミネラル補給に

滋養豊かなオホーツク海の海水を30〜40時間かけて煮詰め、塩を取った後の残った液体(主に塩化マグネシウム含有物)がこの天然にがりで、海水から取るため、人体に必要なミネラル分も豊富に含まれています。マグネシウムは体調のバランス保持の為に人体には不可欠です。しかし、塩分同様取りすぎはいけません。コップ一杯の水に対して小さじ一杯(5cc)が目安だと思います。

消泡剤について

Q
お豆腐に使われている消泡剤について知りたい。(植物性というがもっと具体的に)

A
成分は下記のとおりです。

商品名:スーパーエマライト500
成 分:植物性油脂(ヤシ油、パーム油)
    レシチン(大豆からとったもの)
    炭酸マグネシウム

Q
使っている消泡剤の安全性は?

A
スーパーエマライト500は、生協や有機JAS団体も認可している安全なものです。

通常一般には消泡剤としてグリセリン脂肪酸エステルが使われ、一番消泡効果が高いのですが、弊社では安全性の高いスーパーエマライト500を使用しております。

豆乳について

Q
豆乳のおいしい飲み方は?(牛乳がダメな方でも飲みやすくするためには)

A
一丁庵の豆乳は豆臭さを極力抑え、とても飲みやすくしてあります。

無添加のため、大豆そのものの本来の味を楽しめます。コーヒーなどに混ぜても良いです。

カロリーについて

Q
おからドーナツ1コ当たりのカロリーは?

A
約100Kカロリーです。